住宅リフォームで老朽化した部位がどんどんと良くなった

築三十年の一戸建て住宅に住んでおり、いろいろな部位に不具合が生じてきたので、一気に悪い部分の住宅リフォームを行うことにしました。

まずは、生活の基本となるトイレやユニットバスの器具や配管等を新しいものにすることにしました。

トイレについては、古い器具よりも高齢者が使用しやすいような高さに設計されている器具を採用して、便座も温かくなるものを採用しました。

配管廻りもかなりの老朽化が進行していたので、一気に新しいものと交換して、排水の流れが大幅に改善されることになりました。

ユニットバスについても様々な設備が付属しているものを採用しました。

浴室乾燥機が設置されているので、雨の日などは洗濯物を干すことが出来るので、すごく助かっています。

追い焚き機能が付いているので、遅く帰宅した時でも温かいお風呂につかることが出来るようになりました。

内装の壁紙についても黄ばみがかなり激しいものとなっていたので、全面的に張り替えを実施することですごく明るい印象となりました。